社協ってなに?社協の場所申請書等ダウンロードご意見・ご要望リンク集
ップページ>高齢者・障がい者
まちづくり
高齢者・障がい者
子ども・子育て
共同募金
相談・生活支援
ボランティア
受託事業
寄付
会員募集
広報紙
 
高齢者の方へのサービス・事業

障がい者の方へのサービス・事業
介護保険事業
障がい福祉サービス事業
スロープ付福祉車両・車いすの貸出について


 高齢者の方へのサービス・事業



ふれあい電話訪問
 守谷市社会福祉協議会では,65歳以上のひとり暮らしや高齢者のみ世帯のみなさんに,電話を通じてお話させていただき,孤独感やご不安等の解消を図るため,電話相談員による「ふれあい電話訪問事業(無料)」を実施しています(第1・第3火曜日及び第2・4水曜日の午後1時〜午後3時)。ご利用を希望される方は,直接,社会福祉協議会事務局電話45-0088までご連絡いただくか,お近くの民生委員にご連絡下さい。
ふれあい電話訪問事業の詳細はこちらをご覧ください。
ふれあい電話登録申込書は,「申請書等ダウンロード」をご利用ください。

ひとり暮らし高齢者交流事業

 市内在住で65歳以上のひとり暮らし高齢者を対象に交流事業を実施しております。実施時期等詳しい内容につきましては,社協だよりをご覧下さい。


高齢者世帯交流事業
 市内在住で65歳以上の高齢者世帯を対象に交流事業を実施しております。実施時期等詳しい内容につきましては,社協だよりをご覧下さい。


健康水中体操
 水中の効果(浮力)を利用し,今の自分に最も適した刺激で負荷を掛け,日常生活の筋力を維持する為の運動です。 60歳以上の方を対象に、年度毎に募集を行っています。(例年3月に募集。4月開講。)
 筋肉は刺激を受け,戻す事の繰り返しで,肥大化していきます。体調は日によって違いがあるため,マシーンや器具を使用した場合,許容以上の負荷がかかる場合があります。必要以上に掛かった負荷は,筋肉へのダメージが強く,元に戻るまで時間がかかってしまいます。しかし,自分の持っている力で掛けた負荷は,自分で元に戻す力の範囲内であるため,その日の自分に最も適した負荷を掛ける刺激を掛け,戻る事の繰り返しで筋肉への刺激となっていくわけです。
 身体を温めるウォーミングアップから始まり,脳刺激,骨刺激,筋刺激,ストレッチ,リラクゼーションまでの水中体操の一連の動きは,意図的に考えられた最も効果的な方法で行います。
 
 平成17年からはじまった水中体操をきっかけに,今では自主サークルが立ちあかり,多くの卒業生が継続しています。「継続は力なり」自分のために続ける事が大切だと思います。

元気わくわくスポーツ大会
 
 生きがい活動・健康づくり・体力の保持増進を図ることを目的としてスポーツ大会を実施しております。種目はゲートボール,ペタンク,輪投げ,グラウンドゴルフになります。なお,この大会はいばらきねんりんスポーツ大会の予選会に位置づけられており,この大会の成績上位者については,県大会に出場することになります。実施時期は毎年5月下旬から6月上旬になります。



スロープ付福祉車両の貸出し
 市内居住の歩行困難な高齢者や障がい者等とその家族を利用対象者とし,福祉車両の貸出しを行っております。利用料は無料になります。ただし,走行に要する燃料等についいては,利用者負担になります。利用については事前予約の上,平日の午前8時30分から午後5時までとなります。(原則平日の1日、最高1泊2日まで)

福祉車両貸出しについての詳細はこちら
借用申請書は「申請書等ダウンロード」をご利用ください。 

車いすの貸出し
 突然のケガや病気,旅行や外出などで,一時的に必要になった車いすを無料で貸出ししています。(基本1週間以内,最大で1ケ月)

車いす貸出しについての詳細はこちら
借用申請書は「申請書等ダウンロード」をご利用ください。       

 障がい者の方へのサービス・事業



買ってNet!バザール

 近隣障がい児者団体・施設が参加して,日々入所・通所者などが作製した手作り品や野菜、食品などの販売、施設紹介や活動の紹介などえを目的に、毎年7月、イオンタウン守谷を会場に福祉バザーを2日間開催しています。

平成29年度の実施報告はこちら→「第9回買ってNet!バザールinイオンタウン守谷」にご来場いただきありがとうございました!


スロープ付福祉車両の貸出し

 市内居住の歩行困難な高齢者や障がい者等とその家族を利用対象者とし,福祉車両の貸出しを行っております。利用料は無料になります。ただし,走行に要する燃料等についいては,利用者負担になります。利用については事前予約の上,平日の午前8時30分から午後5時までとなります。(原則平日の1日、最高1泊2日まで)

福祉車両貸出しについての詳細はこちら
借用申請書は「申請書等ダウンロード」をご利用ください。 

車いすの貸出し
 突然のケガや病気,旅行や外出などで,一時的に必要になった車いすを無料で貸出ししています。(基本1週間以内,最大で1ケ月)

車いす貸出しについての詳細はこちら
借用申請書は「申請書等ダウンロード」をご利用ください。

 介護保険事業


居宅介護支援事業
(守谷市社協居宅介護支援事業所)

 @介護サービス計画の作成(ケアプラン) 
 介護サービスを受けるには、ケアプランの作成が必要となります。ケアマネージャーは、どんな介護サービスが必要になっているのかを利用者と話し合い、相談しながらケアプランを作成します。 
 
A情報の提供・申請の代行
   福祉サービスに係る情報を確認し、お伝えしています。また、担当している利用者の介護保険に関わる市への申請を代行して行うことができます。
   
  B関連サービス事業者などとの連絡調整
   利用者と関わる福祉事業所と連携し、連絡やサービスの調整をします。
   
  C給付管理表の作成・提出
   毎月、国民健康保険団体連合会への給付管理表を作成・提出し、サービスをチェックします。



訪問介護、介護予防・日常生活支援総合事業
(守谷市社協へルパーステーション)

 要介護と認定された方のご自宅にヘルパーが訪問し、可能な限り自宅で、その能力に応じ自立した生活を営むことができるように、生活全般にわたる下記の訪問介護サービスを提供します。

@ 身体介助 ・・・ 入浴・排泄・食事 など
A 生活援助 ・・・ 調理・洗濯・掃除・買物 など
B 生活等に関する相談及び助言など

 これらのサービスを訪問介護計画(ケアプラン)に沿って行います。また要支援/事業対象者(※守谷市により基本チェックリストでの該当者)と認定された方が、要介護状態になることを防ぐ「予防のサービス」も提供しています。

 障がい福祉サービス事業


障がい福祉サービス
(守谷市社協へルパーステーション)

 障害者総合支援法に基づき、障がい者が地域で安心して日常生活を営むことができるように、下記のサービスを提供しています。

@ 居宅介護  
 自宅で、入浴、排泄、食事の介護等を行います。
 
A 重度訪問介護
   重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、自宅で、入浴、排泄、食事の介護、外出時における移動支援などを総合的に行います。
   
  B 同行援護
   重度の視覚障がい者が外出する際、移動に伴う援護や視覚的情報の支援(代筆・代読を含む)を行います。

居宅介護支援事業所・ヘルパーステーションパンフレット
守谷市社協居宅介護支援事業所・守谷市社協へルパーステーションリーフレット(PDFファイルによるダウンロード321KB)

著作権についてプライバシーポリシー
谷市社会福祉協議会
 〒302-0116 茨城県守谷市大柏954番地の3(いきいきプラザ・げんき館内)
 電話 0297-45-0088 ファックス 0297-48-5554 メールアドレス 
shakyo.moriya.954-3@ace.ocn.ne.jp
Copyright(C) 2013 Moriya City Council of Social Welfare. All rights reserved.